「今季はローテーションが上手くいっている」怪我で今季1試合もプレイしていないアーセナルMFが負傷の減少を語る

加入以降最高のシーズンだと主張

加入以降最高のシーズンだと主張

怪我に悩まされてきたウィルシャー photo/Getty Images

アーセナルのみならずイングランドの将来を背負う存在になると言われた天才MFジャック・ウィルシャーは負傷に悩まされてきた。その才能は確かだが、1シーズンを戦うことが不可能と思わせるほど体が脆い。今季も負傷の影響でまだ1試合もプレイしていない状態で、本人にとっては最悪のシーズンだろう。しかしウィルシャーは今季がアーセナル加入以降最高のシーズンだと感じており、リーグ優勝も可能だと手応えを口にしている。英『Daily Mail』が伝えた。
「今季は僕がアーセナルに加入してから最高のシーズンだと思う。昨季は怪我人も多くて、チャンスを逃してしまったと感じていたんだ。何年か前にも良い選手がいっぱいいたけど、僕たちは負傷者を出していた。監督は本当はローテーションしたがらない人なんだけど、今季はローテーションを増やして選手を休ませているように見える。それが僕たちにとって良いことになっているんだ。僕はまだアーセナルが優勝候補だと思っている。プレッシャーはあるけどね。それでもカソルラも戻ってくるし、ウェルベックもベストコンディションに戻る。そして僕も戻るからね」
ウィルシャーはローテーションの恩恵を受ける間もなく離脱してしまったが、今季の アーセナルは負傷者を出しながらも何とか優勝が狙える位置をキープしている。ウィルシャーにとって自身が不在の中で優勝争いを展開されるのは複雑な心境だろうが、今のチームがベストな状態にあると感じているのだろう。ウィルシャーは3月中の復帰を目指しているようだが、そこからチームのタイトル獲得に貢献してほしいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ