ヒーロー中村俊輔からスパイクをもらった子供がセルティックを牽引するUEFA注目DFに成長

中村が感心した10歳の少年

中村が感心した10歳の少年

左足から決定機を演出するキーラン・ティアニー photo/Getty Images

セルティックでプレイするDFキーラン・ティアニーは、日本のスーパースターに感銘を受けていたようだ。

現在18歳のティアニーは2005年、当時9歳のころからセルティックのユースチームに所属しており、2014年からトップチームでもプレイ。15-16シーズンはすでに11試合に出場し、世代別スコットランド代表としても活躍している。

26試合を消化して、現在リーグ戦首位に立つセルティックに貢献している注目の18歳は、日本のスーパースターとの接点も。プレイではレアル・マドリードなどで活躍したロベルト・カルロスがお手本と話すティアニーだが、かつてセルティックに在籍したMF中村俊輔にも大きな影響を受けたという。『UEFA.com』が、中村俊輔とのエピソードを伝えている。

それはティアニーが当時10歳だった2006年、トップチームで攻撃を牽引していた中村俊輔は2006年FIFAワールドカップのプロモーションビデオの撮影中、ユースチームに所属していたティアニーに感心し、自身のスパイクをプレゼント。スーパースターからスパイクをもらった10歳の少年は、その後もセルティックで数多くの栄光を手にした中村に憧れを抱き、8年後トップチームで活躍をするまで成長を遂げた。

2016年シーズンも横浜F・マリノスで活躍が期待される中村だが、いまだにセルティックにも影響を残していることが分かった。これからも成長を続けるティアニーに注目だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ