人気サッカーゲームでもレスターの数値は“超UP”! 英紙「下がったのは岡崎とインレルだけ」

やはりゴールが必要?

やはりゴールが必要?

大躍進を続けるレスターの選手たち Photo/Getty Images

日本代表の“汗かき役”が、人気のオンラインサッカーゲームから評価されるにはもう少し時間がかかるのかもしれない。

イングランドのレスターは今季のプレミアリーグで序盤から大波乱を起こし、その積極果敢な攻撃的スタイルが多くのサッカーファンを興奮させている。11試合連続ゴールという記録を達成したジェイミー・バーディや、テクニカルなドリブル突破を得意とするリヤド・マフレズといった選手らは、まさにレスター躍進を象徴する存在だ。英『Mirror』によればクラウディオ・ラニエリ監督率いるそんな“レスターチルドレン”たちの評価は、世界中で大人気のサッカー育成ゲーム『Football Manager』の中でも急上昇しているようだ。同ゲームの関係者で、フットボール分析家のトム・デビッドソン氏が人気サッカーゲーム内での選手評価について、次のように話している。同メディアがこれを伝えた。

「フットボールマネージャー内での選手の価値は試合中のあらゆる要素を用いて算出される。最も重要なのは選手の能力や評価、クラブとの残り契約年数、彼らの辿ってきたキャリア、そしてその選手のチームにおける重要性だ。だから例えばバーディやマフレズ、カンテといった選手たちは皆、その貢献度やパフォーマンスから考えて、他の選手以上に価値があることになる」

同メディアによれば、中盤で豊富な運動量を誇るエンゴロ・カンテの今季開幕当初の査定は725万ポンドだったものの、現在のゲーム内での価値は2400万ポンドにまで急上昇している。またバーディも当初の750万ポンドからその価値を220%増加させた。しかし我らが日本代表ストライカーの岡崎慎司は、『Football Manager』に選ばれている17人のレスター選手の中で評価を下げた2人のうちの1人だと同メディアは伝えている。なお岡崎以外で開幕当初に比べて評価を下げた選手はスイス代表MFギョクハン・インレルで、その評価を61.9%下げることとなった。

前線からのハードプレスやスペースを生み出す動きなど、様々な面でチームの攻撃に貢献している岡崎だが、やはりゴールという結果を求められているのかもしれない。来季にはゲームの世界でもスーパースターとなれるよう、岡崎の健闘を祈りたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ