インテルがダーティー集団に? レッドカードの枚数が記録的

メロを筆頭に荒々しい集団になっているインテル

メロを筆頭に荒々しい集団になっているインテル

フィオレンティーナ戦で退場処分を受けるテレス photo/Getty Images

ロベルト・マンチーニ率いるインテルは、ダーティーなチームとの印象が根付いてしまった。

インテルは14日のフィオレンティーナ戦でDFアレックス・テレス、MFジェフリー・コンドグビアが退場処分を受け、試合も1-2で敗れる後味の悪い結果となった。これでインテルは今回の退場劇で今季リーグ戦での退場者が8名となった。伊『Gazzetta dello Sport』によると、これはインテルにとって1995-96シーズン以来最も多い人数となる。

これまで退場処分を受けたのはフェリペ・メロが2回、ジョアン・ミランダ、ジェイソン・ムリージョ、ダニーロ・ダンブロージオ、アレックス・テレス、ジェフリー・コンドグビア、そして日本代表DF長友佑都もナポリ戦で退場処分を喰らっている。

マンチーニの就任以降コンドグビア、メロなど中盤でファイトできる選手を多く獲得してきたが、メロを筆頭にプレイが荒くなっているのは確かだ。同メディアによると、マンチーニは過去にインテルを率いた4年間で21枚のレッドカードを受けているが、今季は8枚とペースが少々早い。今回のフィオレンティーナ戦では不運な笛もあったものの、退場者があまりに多いのは考えものだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ