プレミア最高の攻撃的MF!? 63%の対人勝率を含むあらゆるデータでエジルを超えた意外すぎる選手とは……

意外な選手が?

意外な選手が?

稀代のファンタジスタ、エジル Photo/Getty Images

イングランドのトッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンは、直近のプレミアリーグ5試合で非常に効果的なプレイを披露していたようだ。

今季のトッテナムは26試合を終えた段階で勝ち点51を稼ぎ、リーグ2位と健闘。首位レスターとの勝ち点差はわずかに2となっている。そんなトッテナムの攻撃を牽引するエリクセンの効果的な仕事ぶりを英『Independent』が伝えた。同メディアの統計によるとエリクセンは直近のリーグ戦5試合で3つのゴール、17本のシュート、27回のチャンス演出、242本のパス成功、そして対人勝率63%を記録。エリクセンはこれらすべてのカテゴリーでアーセナルのメスト・エジルやレスターのリヤド・マフレズ、そしてマンチェスター・シティのラヒーム・スターリングといったプレミアを代表する攻撃的MFの面々を上回っていた。

現地ではマフレズやエジルが今季の年間最優秀選手となるのではないかと目されているものの、英『METRO』はトッテナムが最終的にプレミアリーグを制することになれば、エリクセンにも同賞獲得の可能性があるだろうと指摘している。同選手の貢献ぶりが、シーズン終盤に形となって表れることに期待したい

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ