2人のカリスマがマンUで待ち合わせ!? イブラヒモビッチ「大ニュースがあるよ」

恩師とマンUで?

恩師とマンUで?

来季の去就が注目されるイブラヒモビッチ Photo/Getty Images

フランスのパリ・サンジェルマンに所属するズラタン・イブラヒモビッチは、カリスマ指揮官との再会を否定するつもりはないようだ。

同選手とPSGの契約は今季限りで満了を迎えることから、スウェーデン代表ストライカーの去就は多くのサッカーファンにとって興味の的となっている。かつてイタリアやスペインを渡り歩いてきたイブラヒモビッチの次なる行き先はイングランドではないかと噂されており、英『METRO』は今夏のジョゼ・モウリーニョ招聘が濃厚とされるユナイテッドで、同選手とカリスマ指揮官がタッグを組むことになる可能性を指摘。イブラとモウリーニョはインテル時代にも共に働いた経験があり、同選手は“再タッグ”の可能性を除外しなかった。同メディアがイブラのコメントを伝えている。

「(去就について聞かれ)何が起こるか様子を見ようじゃないか。俺は少なくとも3ヶ月はここにいるよ。その後のこと? 大ニュースがあるよ」

また同選手はプレミアリーグに関して具体的に聞かれると次のように話した。

「順調だということしか言いようがないね」

誰もがイブラヒモビッチを知りたがっている。彼はイングランド参戦の可能性に関してはうまく煙に巻いたものの、夏にはすべてがわかるはずだ。2人のカリスマがマンチェスターに君臨しているのかどうかが。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ