[移籍]香川のライバルが増えていく……ドルトムントがスペインの至宝を獲得!

来季はドイツで躍動へ

来季はドイツで躍動へ

その将来が嘱望されているメリーノ Photo/Getty Images

ドイツブンデスリーガのドルトムントは、オサスナでプレイするU-19スペイン代表MFミケル・メリーノの獲得が合意に達したことを発表した。同選手は今シーズンが終わり次第ドルトムントに加入し、2021年6月までの契約となる。

かねてよりスペイン期待の若手メリーノへの関心が報じられていたドルトムントだが、オサスナとの交渉が行き詰まり、冬のマーケットで合意には至らなかった。しかしスペイン紙『マルカ』は先日、メリーノ自身がドイツへの挑戦を望んでいるとし、最終的にはドルトムントと合意することになるだろうと報じていた。

今回移籍が正式に発表され、来季から香川真司擁するドルトムントでプレイすることになったメリーノは、昨シーズンにトップチームデビューを果たしたばかりのルーキーだ。今季はリーグ戦22試合に出場し1ゴールを挙げており、センターハーフやトップ下でのプレイを得意としている。ドルトムントには多くのスター選手が在籍し、熾烈なポジション争いが予想されるが、メリーノならきっと何かを成し遂げられるにちがいない。同選手の来シーズンに注目だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ