内田が最長在籍選手になる日も近い!? シャルケDFマティプがリヴァプールへ

移籍を決断した理由を明かす

移籍を決断した理由を明かす

今季がシャルケでのラストシーズンとなるマティプ photo/Getty Images

シャルケは15日、DFジョエル・マティプが今シーズン終了後、リヴァプールへ移籍することを発表した。

2000年にシャルケのユースチームにスカウトされた同選手は10年後、2010年3月にトップチーム昇格を果たす。トップチームでも1年目から多くの出場機会を得て、主力選手として活躍。今シーズンもブンデスリーガ全試合出場を続けており、DFながら3得点を記録している。

シーズン終了後の移籍を決断したマティプは、クラブ公式サイトを通して、「シャルケを離れる時が来たらその理由はたった一つだと、僕は前から言っていた。その理由とは、全く新しい経験をするため。だからこれまで、ブンデスリーガ内での移籍を考えたことなどなかった。今回の決断はとても難しいものだった。それでも、この一歩を踏み出すのに相応しい時が来たのだと確信している」と移籍の理由を明かした。

また、2010年3月からトップチームに在籍したマティプの移籍により、DF内田篤人がシャルケに加入する前から同クラブに常に在籍している選手は、キャプテンを務めるDFベネディクト・ヘーヴェデスだけとなる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ