多くの名将と働いてきたロッベンも指揮官を称賛「彼の元でさらに成長できた」

「ペップは誰も連れて行かない」

「ペップは誰も連れて行かない」

ペップに感謝するロッベン Photo/Getty Images

バイエルンに所属するオランダ代表MFアリエン・ロッベンがジョゼップ・グアルディオラ監督について話した。

マンチェスター・シティ行きが決まって以降、どのようなチーム作りをするのかと再三に渡って報じられているグアルディオラ監督。そんな指揮官に対し、英『METRO』の取材に応えたロッベンは、「グアルディオラは僕や他の選手をマンチェスター・シティに連れていくことはしないだろう」と教え子をイングランドに連れていくことを否定した。続けて、「僕らの目標は一つだけだ。今季可能な限り多くのタイトルをとって終えること。それこそが今考えるべきことだ」とプレイに集中するよう話した。

また、数多くの名将とともに働いてきたロッベンは稀代の名将である同監督に関して「グアルディオラと一緒に仕事をするのは楽しいよ。多くのタイトルをとって彼に『さよなら』と言いたいね」と監督への忠誠を誓った。続けて「グアルディオラの試合に関する執念や知識は選手をよりよくする。僕もそうなった一人だ。29歳から一緒に仕事をし始めたけど、若くはなかった。それでもこうやって成長できたのだから感謝しないとね」と円熟期に入ってもグアルディオラ監督のもとで成長できたことを明かした。

グアルディオラ政権になって3年目のバイエルンは、是が非でもヨーロッパでのタイトルを欲しているだろう。恩師ともいえるペップのため、10番を背負うロッベンはチームをチャンピオンズリーグ制覇に導くことができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ