元ドイツ代表カーンが“100年に一人の逸材”に言及 「メッシやC・ロナウドと同じ資質があるのに」

いまだ真価発揮とはいえず

いまだ真価発揮とはいえず

かつてドイツに堅守をもたらしたカーン Photo/Getty Images

元ドイツ代表GKオリバー・カーンがバイエルンに所属するMFマリオ・ゲッツェについて話している。

2013年、鳴り物入りでドルトムントからバイエルンへと移籍してきたゲッツェだが、いまだその真価を発揮しているとはいいがたい状況だ。得点こそ挙げているものの、チャンピオンズリーグなど重要な試合での活躍は少なく、現在は怪我で離脱している。そんな同選手に対し、カーンは独『Bild』で「メッシやC・ロナウドが世界的な選手になれたのはなぜか? 彼らがコンスタントに自身の能力を発揮できているからだ。ゲッツェにも同じ資質があると私は思っている。しかし、彼はその能力を少ししか発揮できていない」と波のあるプレイについて言及した。

続けて、ゲッツェのこれからのキャリアについても「彼は次のレベルに進むか、ブラジルW杯決勝で点を取ったことで満足するか決めなければならない。バイエルンでさらなる役割を担うか、ただなんとなくバイエルンにいるだけの選手になるか自分自身に問いかけるべきだ」と見直す必要があるとした。

まもなく復帰と言われているゲッツェ。かつて“100年に一人の逸材”と称賛された能力をいかんなく発揮する日はくるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ