引退後はスカウトに? 長谷部「関心がある」

スカウトには興味?

スカウトには興味?

長くドイツでプレイする長谷部 Photo/Getty Images

ドイツブンデスリーガのフランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠は、引退後にスカウトへ転身する可能性があるのかもしれない。

長谷部は以前、引退後はフランクフルトの幹部へ入閣するのではないかと報じられていた。しかし本人は様々な可能性を模索していることを認めながらも、現在はスカウトにも関心があるようだ。独『Bilt』が長谷部のコメントを伝えている。

「(フランクフルトとの契約延長について聞かれ)まだいくつかの面でクリアしなければならない問題はありますけど、僕はこのクラブに残りたいです。引退は日本でということになりそうです。アメリカにも興味はありますね。(同僚のアレクサンダー・マイヤーに中国からオファーがあったことについて聞かれ)お金が最も重要なわけじゃない」

また引退後は日本とフランクフルトを結ぶ親善大使のような役割を果たすと噂されていたが、これについて長谷部は次のように言及している。

「様々な可能性があると思いますね。フランクフルトは日本をとても巨大なマーケットであると考えています。僕自身はスカウトにも関心があります。でも代理人にはなりたくないですね。ほとんどの代理人はお金儲けのことしか頭に無いですから」

日本代表としてワールドカップを戦った経験もある長谷部の未来はどのようなものとなるのだろうか。スカウトとして輝く長谷部の姿も、我々日本人としては期待したいところだが。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ