カーンが3位! ノイアーが5位! 仏紙主催の“古今東西最強のGK”は誰!?

やはりブッフォンが最強か

やはりブッフォンが最強か

サッカーにおいて重要な役割を果たすGK Photo/Getty Images

フランス人が考える“サッカー史上最も優れたGK”は、イタリアセリエAのユヴェントスに所属するイタリア代表ジャンルイジ・ブッフォンとなったようだ。

サッカーのルール上、唯一手でボールに触れることが許されているGKというポジションは、常に緊張感とプレッシャーに悩まされる特異な役割だといえる。そんなGKのベストを決めるべく、仏『France Football』がその読者に向けて「フットボール史上最高のGKは誰か?」というアンケートを実施。国籍やプレイの年代を問わない、まさしく“古今東西で最強のGK”を決めようというものだ。結果はユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが見事1位に選ばれ、現役では最強だとみなされているバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表マヌエル・ノイアーは5位という結果となった。1位に選ばれたブッフォンは、やはり15年以上にもわたってトップレベルをキープする継続性が評価されたのだろう。ノイアーがバイエルンへと加入したのは2011年のことで、今後も現在のようなパフォーマンスを持続できたとしたならば、そのときはブッフォンを超えうる存在となっているにちがいない。

なお今回のランキングトップ10は以下のような結果となっている。

1位:ジャンルイジ・ブッフォン(得票率44%)

2位 :ファビアン・バルテズ(得票率17%)

3位 :オリヴァー・カーン(得票率7%)

3位:レフ・ヤシン(得票率7%)

5位:マヌエル・ノイアー(得票率6%)

5位:イケル・カシージャス(得票率6%)

7位:エドウィン・ファン・デル・サール(得票率3%)

8位:ディノ・ゾフ(得票率2%)

8位:ピーター・シュマイケル(得票率2%)

10位:リカルド・サモラ(得票率1%)

10位:ピーター・シルトン(得票率1%)

10位:ゴードン・バンクス(得票率1%)

10位:ゼップ・マイヤー(得票率1%)

10位:ペトル・チェフ(得票率1%)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ