中国爆買いオファーはレアルにも届いていた!?

レアルとの契約を満了する?

レアルとの契約を満了する?

最終ラインならどこでもこなせるアルベロア Photo/Getty Images

レアル・マドリードに所属する元スペイン代表DFアルバロ・アルベロアは、中国の上海申花からのオファーを断っていたようだ。スペイン紙『マルカ』が11日に報じている。

スペイン紙『MARCA』によれば上海申花はレアルのユーティリティプレイヤー、アルベロア獲得に向けて年俸800万ユーロのオファーを提示したものの、同選手はこれを受け入れなかったという。アルベロアとレアルの契約は2016年の6月30日までとなっており、同メディアはアルベロアがこれを満了するつもりでいると伝えた。

アルベロアは1983年生まれの32歳で、2009年にイングランドプレミアリーグのリヴァプールからレアル・マドリードへ移籍。同クラブでの7年目を迎えているが、今季はリーガ・エスパニョーラ第23節終了時点でわずか3試合の出場にとどまっている。多くのスター選手が次々と中国入りを決めている中で、アルベロアはスペインでのキャリア続行を選んだようだ。

なお同選手獲得を狙っていた上海申花は、すでに今冬の移籍市場でコロンビア代表MFフレディ・グアリンをインテルから獲得していた。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ