41歳の元ブラジル代表MFゼ・ロベルトが現役引退を決意

挑戦することをやめなかった

挑戦することをやめなかった

圧倒的な運動量を誇るゼ・ロベルト Photo/Getty Images

ブラジルのパルメイラスは11日、元ブラジル代表MFゼ・ロベルトが今季限りで現役を引退することを発表した。

41歳での引退となった同選手はこれまでの自身のサッカーキャリアにおいて、やり残したことはないと感じているようだ。パルメイラスの公式サイトがゼ・ロベルトのコメントを伝えている。

「今季で終わりにするよ。来年は今よりも家族と過ごす時間を増やして、生活を充実させていきたいからね。人生は自分に目標を設定することが必要だ。僕は自分に課した目標をほとんど成し遂げることができた。昨季で現役を引退していれば、ブラジル杯制覇という歓喜と共にキャリアを終わらせることができて、タイミング的には良かったと思う。しかし人生においていつも意識していたチャレンジ精神が、僕にもう1年続けさせることになった」

ゼ・ロベルトは現在41歳でそのキャリアをポルトゲーザでスタートさせた。スペインの名門レアル・マドリードやフラメンゴ、レヴァークーゼンさらにはバイエルン・ミュンヘンなどを渡り歩き、多くの印象的なプレイを披露。またゼ・ロベルトはブラジル代表としても活躍し、豊富な運動量と前線への積極的な飛び出しで存在感を発揮してきた。同選手の第2の人生が充実したものとなるよう願いたい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ