契約解除金が640億円になるはずだったGKとは……?

デ・ヘアは惜しいことをした?

デ・ヘアは惜しいことをした?

今季もスーパーセーブを連発するデ・ヘア Photo/Getty Images

レアル・マドリードは昨夏にマンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアの獲得を狙っていたものの、寸前になり破談。どうやらこのときレアルはスペイン代表の守護神に対し、巨額の年俸を提示していたようだ。

去年の夏にすでにGKイケル・カシージャスをポルトへ放出していたレアルは、その後継者としてデ・ヘアの獲得を画策。しかし移籍期限までに必要書類を提出することができず、世紀のビッグディールは実現しなかった。スペイン『マルカ』は仮に移籍が実現していた場合、レアルはデ・ヘアに対し、年俸1200万ユーロを支払うはずだったと報じ、その契約解除金は5億ユーロ(約640億円に相当)に設定されていたという。結果的にユナイテッドに残留することとなったデ・ヘアは、同クラブとの契約を2019年まで延長している。

1200万ユーロという破格の年俸を取り逃がしてしまった格好のデ・ヘアだが、現在のパフォーマンスを維持することで、またどこかのクラブからメガオファーが舞い込んでくる可能性もあるだろう。同選手の今後に期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ