ルーニーはやはりプレミア最強FWか チェルシー戦で新たな歴史に名を刻む

何でもできる天才型FWのルーニー

何でもできる天才型FWのルーニー

マンUのシンボル、ルーニー Photo/Getty Images

2015年の不調を忘れさせるかのごとく活躍を続けているマンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーは、現在プレミアリーグ通算192ゴールで元ニューカッスルのアラン・シアラー氏に次ぐ歴代2位の記録を保持している。イングランド代表でもボビー・チャールトン氏を抜いて歴代トップの得点数を記録しており、イングランドの歴史に名を残すストライカーであることは間違いない。しかしルーニーの凄いところは、ゴールだけにとどまらない点だ。

英『METRO』によると、ルーニーは7日のチェルシー戦でプレミアリーグ通算94本目のアシストを記録した。ボースウィック・ジャクソンのクロスをルーニーが少し触り、こぼれたボールをジェシー・リンガードがトラップから振り向きざまに決めたゴールはルーニーのアシストと記録されており、これが94本目となっている。狙っていたかは定かではないが、ルーニーはこれでアシスト部門でも元アーセナルのデニス・ベルカンプ氏に並んで歴代3位となった。

2位は元チェルシーのフランク・ランパードで102本、1位は現在マンチェスター・ユナイテッドでアシスタントコーチを務めるライアン・ギグス氏で162本だ。ルーニーが現在30歳であることを考えても、ランパードの記録は充分に抜けるだろう。そうなればゴールとアシストの両部門で歴代2位に名を刻むことになる。

残念なのは両部門とも1位との差がついていることで、ギグスとの差は68本、 そしてゴール数では260ゴールのシアラー氏と66の差がついている。今のペースではレジェンド2人を上回ることは難しく、ここからパフォーマンスを急激に高めないことには1位に立てないはずだ。それでもルーニーがゴールもアシストもこなせる天才肌の選手であることに疑いはなく、まさに何でもできるストライカーと言えるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ