「やっとレッズの一員になれた」遠藤航が浦和での意気込み語る

「早く合流したい」

「早く合流したい」

浦和レッズサポーター photo/Getty Images

浦和レッズは7日、埼玉スタジアムでMF遠藤航の加入会見を行った。その様子をクラブ公式サイトが伝えている。
昨年まで湘南ベルマーレでプレイした遠藤は、浦和のユニフォームを身にまとい、「やっとレッズの一員になれたと実感しているところです」とコメント。続けて、新天地である浦和の印象を話した。

「このチームは本当に、サポーターのみなさんの声援や、環境も整っているチームだと思います。レッズはここ最近、タイトルが獲れていないという悔しさを、すごく味わっているチームだと感じています。そういう歴史や悔しさを感じながら、僕は今シーズン、しっかり戦わなければいけないと思っています」

さらに遠藤は、自身の魅力もPR、「攻撃のビルドアップもそうですけど、一番は守備にあると思っています。ポジショニングやカバーリング、クレバーさを、3バックやボランチのところで出していければと思います」と話している。

また、U-23日本代表チームに参加していたためクラブへの合流が遅れたことに対しては、「少しお休みをもらいましたけど、今はチームに合流するのが楽しみです。早く合流して、みんなとトレーニングをしたいというのが、今の気持ちです」とコメント。最後に新シーズンに向けた意気込みを語った。

「合流からはあまり時間がなく、まずはACLがあるので、そこに向けてコンディションを作っていって、チームの選手ともコミュニケーションをとりながら、早くなじめるようにがんばりたいと思います」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ