ようやくクラブ100ゴールを達成したトーレス「名誉なことだ」

レジェンドとなれるか?

レジェンドとなれるか?

アトレティコのトーレス Photo/Getty Images

スペインの名門アトレティコ・マドリードに所属FWフェルナンド・トーレスは、6日に開催されたリーガエスパニョーラ第23節のエイバル戦でクラブ通算100ゴールを達成。同選手は大変名誉に感じているようだ。

トーレスは昨年9月にクラブ通算99点目を記録して以降、公式戦では24試合連続で無得点という結果が続き、今回の100ゴール目を記録するまでに実に4ヶ月半が経過していた。そんな不調にあえぐトーレスだが、この試合では76分からピッチに投入されると後半ロスタイムにチームの3点目となるゴールを決めることに成功。同選手は試合後、次のように話している。スペイン紙『MARCA』が伝えた。

「得点することができたのは褒美のようなものさ。僕がキャリアをスタートした場所で、何年経ってもまだピッチに立つことができているというだけでも嬉しいことだね。100点目を決めて、クラブの偉大なストライカーたちの仲間入りを果たすことができた。僕には名誉なことだし、努力が報われたと思えるね」

トーレスは現在イタリアのミランからレンタルでアトレティコに在籍している。現時点でアトレティコはトーレスを買い取ることを決断してはいないものの、クラブに100ゴールをもたらした男の必要性を改めて感じているかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ