ちょっといい話 アザールが解任されたモウリーニョにメッセージを送っていた

不振を象徴するアザール

不振を象徴するアザール

アザールとモウリーニョ前監督 photo/Getty Images

チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが、ジョゼ・モウリーニョ前監督解任直後にあった出来事を明かした。

チェルシーは昨季プレミアリーグ王者に輝きながら、今季は不振にあえぎ、モウリーニョ監督は12月に解任の憂き目に遭った。その中でもアザールはチームの不振を象徴する選手になってしまい、いまだリーグ戦では無得点だ。

そんなアザールはモウリーニョ監督が解任されたあと、メールを送っていたようだ。同選手は「彼の解任に責任を感じて『すみませんでした』とメッセージを送ったよ」と『The Guardian』に明かした。

続けて、「僕は昨季のプレミアリーグMVPだったし、少し責任を感じていたよ。だからジョゼに文章を送った。彼は僕の復調を願う返事をくれたよ。王者だったチームがこのようなことになるなんて説明さえできない」と話した。
モウリーニョ監督が願った通り、アザールは復調し、チームを上位に導けるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ