大日本人現る!? 大敗した試合で驚愕の“対人勝率100%”を達成したのはあの選手!

デビュー戦でこの成績

デビュー戦でこの成績

盛り上がりを見せるブンデスリーガ Photo/Getty Images

この冬にセレッソ大阪からドイツのハノーファーへ移籍した山口蛍が、30日のレヴァークーゼン戦でようやくブンデスリーガデビューを果たした。チームは0-3と大敗したものの、山口自身は素晴らしいプレイを披露したと言えるかもしれない。

前節のダルムシュタット戦では出場機会が訪れなかった山口だが、レヴァークーゼン戦では先発フル出場。チームは相手FWハビエル・エルナンデスの活躍もあり惨敗となったものの、独『Kicker』が掲載したこの試合の統計は、山口の貢献をはっきりと示している。同メディアによれば山口はこの試合で34回ボールに触れ、その走行距離は11.09kmにも昇った。また驚くべきことに、『Kicker』が独自に算出した同選手の対人勝率はなんと100%だったのだ。さらにパス成功率も76%を記録するなど、デビュー戦とは思えない安定した成績を残している。

同クラブは次節、日本代表FW武藤嘉紀擁するマインツと対戦することになるが、“対人勝率100%”男の奮闘に期待したい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ