あの悪童も選ばれた! 英紙選定リヴァプールのワーストイレブン

補強で失敗が続くリヴァプール

補強で失敗が続くリヴァプール

悪童バロテッリ Photo/Getty Images

2014年夏、昨夏と大型補強に動いたリヴァプールは、その効果がいまいち発揮されていない。ここ最近の市場では成功よりも失敗の方が目立っており、大型補強に悪い印象を持つサポーターも増えているはずだ。そんな中、英『Daily Star』はリヴァプールのワーストイレブンを作成した。

GK:アダム・ボグダン(現リヴァプール所属)

DF:ポール・コンチェスキー、イゴール・ビシュチャン、マウリシオ・ペジェグリーノ、ヤン・クロンカンプ

MF:アントニオ・ヌニェス、サリフ・ディアオ、アルベルト・アクィラーニ

FW:アンディ・キャロル、エル=ハジ・ディウフ、マリオ・バロテッリ

以上の11人が選ばれた。まずボグダンは現在リヴァプールで第2GKを務めている選手で、今季は空中に浮いたボールの処理を誤るなど凡ミスをしてしまっている。そして3500万ポンドもの移籍金で加入したキャロル、現在はミランでプレイしているバロテッリも選ばれている。この2人は近年の補強の失敗を象徴するような選手で、期待されたゴールを奪うことはできなかった。当時指揮官を務めていたブレンダン・ロジャースも後にバロテッリがチームにフィットするとは思えなかったと語っており、いかにプランの無い補強策かが分かるというものだ。

その他にもセネガルが誇るドリブラーのディウフ、フラムでの活躍が認められてリヴァプールへやってきたものの、わずか18試合の出場に終わったコンチェスキー、負傷の影響もあって使い物にならなかったアクィラーニなどが選ばれている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ