チェルシーの魂、テリー退団へ「受け入れるのに時間がかかったよ」

現役続行には強い意思

現役続行には強い意思

チェルシーDFジョン・テリー photo/Getty Images

長年、チェルシーのキャプテンとしてチームを引っ張ってきたDFジョン・テリーの今季限りでの退団が濃厚となった。

テリーは14歳の頃からチェルシーでプレイし、35歳になった現在まで695試合に出場してきた。プレミアリーグを4度制し、5度のFAカップ制覇、1度のCL優勝という輝かしい成績を残している。しかし、チームは新たな契約を結ばないという選択をしたと英『BBC』は伝えている。

この決定に対し、テリーは「理想を言えば、残りたかった。でも、クラブの方向性は違うみたいだ」と落胆を隠さなかった。続けて、「プレミアリーグのほかのクラブではプレイできない。チェルシーで引退するというおとぎ話のような結末にならないのを受け入れるのには時間がかかったよ」と話している。

現役続行には強い意思を見せているテリー。次はどこで熱いプレイを見せてくれるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ