レアルからモナコへレンタル中のコエントラン「昨季のレアルでは少ししかプレイできなかった」

復帰には後ろ向きか

復帰には後ろ向きか

モナコでプレイするコエントラン Photo/Getty Images

レアル・マドリードからモナコへレンタル移籍中のポルトガル代表DFファビオ・コエントランは、レアルへ復帰するつもりはないのかもしれない。

2011年にポルトガルのベンフィカからレアルへと移籍したコエントランだが、マルセロとのポジション争いの影響もあり、満足に試合に出場することはできなかった。そこで同選手は昨夏よりモナコへレンタル移籍し、現在は同クラブでその存在価値を高めつつある。コエントランはアンジェとのリーグ戦に向けた記者会見で、モナコから離れるつもりはないと述べている。英『FourFourTwo』が同選手のコメントを伝えた。

「モナコが目標を成し遂げ、そしてリーグで2位に入るのを手助けするために僕はここへ来たんだ。僕はここモナコでとても満足しているし、いつかタイトル争いに加わるだろう。ここに残留したくないと思う理由がないよ。昨季のレアルでは少しの時間しかプレイできなかった。だから今季の序盤は少し苦労すると思っていたけど、徐々に良くなってるし、フィジカル面でも感触は良い。残りの4ヶ月で本来の姿を見せるよ」

レアルで4年を過ごしたコエントランだが、現在はモナコでのプレイに専念しているようだ。シーズン後半戦の同選手の奮闘に期待したい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ