最近のホンダは何かが違う! 伊メディアも“10番復活”にニンマリ? 「質と量、申し分なかった」

日本のエースが徐々に……

日本のエースが徐々に……

ミランでプレイする本田圭佑 Photo/Getty Images

日本代表本田圭佑が所属するミランは26日、コッパ・イタリア準決勝第1戦で3部のアレッサンドリアと対戦し、アウェイながら0-1と勝利を収めた。

本田はこの試合に先発フル出場を果たすと、何本かの素晴らしいクロスとスルーパスを提供し、チームの攻撃を活性化させた。50分にはマリオ・バロテッリから決定的なパスを受けシュートを放つものの、これは相手DFに当たってしまい得点には至らなかった。

しかしながら再三にわたって存在感を見せつけた本田に対し、伊『TUTTO mercato WEB』はチーム最高評価となる6.5をつけ、「質と量において申し分ない」「明らかに良くなっている」と称賛。また同メディアは本田のライバルとなりうるMFケビン・ボアテングの働きを5.5とし、本田を下回る評価を下した。

今シーズン前半戦はチームの不調もあり、本領発揮することができなかった本田だが、公式戦では7試合連続で先発出場を達成。最近は主にアシストでチームの勝利に貢献し、明らかに以前とは異なる効果的なプレイを続けている。このまま好調を維持し、次は素晴らしいゴールを期待したいところだ。なお本田擁するミランは、31日にインテルとのミラノダービーに挑むことになる。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ