「音楽を聴いててパトカーには気付かなかった」「僕はバカじゃない」“カーチェイス報道”に反論するハメス

素直に謝罪

素直に謝罪

レアルでプレイするハメス Photo/Getty Images

レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、体脂肪率の高さやスピード違反など、乱れた私生活に関する報道について言及している。

ハメスは24日のベティス戦でジネディーヌ・ジダン政権で初の先発出場を果たし、カリム・ベンゼマの同点ゴールをアシスト。結果を残した同選手は試合後、最近の自身への報道について次のように述べている。スペイン『マルカ』がこれを伝えた。

「(体脂肪率が高いという報道について)その噂にはウンザリしてるよ。僕が普段どのように振る舞っていて、ベストのコンディションで居られるよう努力しているか分かるだろ。僕はプロフェッショナルだ。メディアが言っていることには真実じゃないことも含まれてる。周りが僕を疑い、太ったと言われるのは本当に不快だよ」

さらにハメスは猛スピードで車を走らせ、レアルの練習場にやってきたとの報道に関しては次のように話した。

「周りが言うほどにはスピードは出していなかったよ。パトカーに追われていることは気付かなかった。大音量で音楽を聴いていたからね。僕はバカじゃないんだ。もしパトカーに追われてると分かったらさすがに停車させるさ。これに関しては謝るよ。でも人間は皆失敗をするものだ」

今後は私生活ではなく、プレイ面でメディアを騒がせてほしいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ