消えつつあるエトーの意志 カメルーン人選手が続々バルサを去る

カメルーン人選手のブランドが消える

カメルーン人選手のブランドが消える

バルセロナ時代のエトー(2009年) photo/Getty Images

現在バルセロナを代表するストライカーはと問われれば、MSNの一角を務めるルイス・スアレスを思い浮かべる人が多いだろう。スアレスの嗅覚と得点能力は異常に優れており、得点力だけを見ればリオネル・メッシよりも上かもしれない。しかし、スアレスの前にはカメルーンが生んだ伝説のストライカー、サミュエル・エトーがいたことも忘れてはならない。エトーはバルサで129のゴールを決めた英雄で、ロナウジーニョらと共に形成する3トップは破壊力抜群だった。バルサはエトーのプレイスタイルに惚れ込み、カメルーンの若手選手を複数人獲得したのだ。しかし、その若手選手たちに危機が訪れている。

スペイン『スポルト』によると、エトーは自身の財団出身選手を複数人バルサに送り込んだ。彼らはエトーの意志を継いでバルサのトップチームで活躍するはずだったが、生き残りに苦労しているのだ。GKアンドレ・オナナは昨冬にバルサを去り、アライン・エブウェルはバレンシアの下部組織へと移籍、アルマンド・エラとガエル・トリック、オリビエ・モウシマは無所属となってしまった。

同メディアの見立てでは、今後ジャン・マリ・ドンゴウ、リオネル・エウゲン、マッキー・フランク・バニャック、ジョセフ・オンドアらもバルサを去ることになる。エトーの思惑は外れてしまい、唯一残っているのはウィルフレード・ジョーレ・カプトゥームのみだ。彼以外にアフリカ人選手は1人もバルサのトップチームに所属していない。

バルサで圧倒的な得点力を披露していたエトーの記憶は徐々に薄くなっており、サポーターの記憶はスアレスに塗り替えられつつある。このままエトーが残した功績は忘れられてしまうのか。バルサにとってアフリカ人選手のニーズが無くなってきているのは間違いない。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ