“フィーゴ事件”再び? スペインメディアがネイマールとレアル関係者の密会をスクープ

代理人も同席か

代理人も同席か

バルサでプレイするネイマール Photo/Getty Images

バルセロナに所属するブラジル代表ネイマールが、スイスのチューリッヒでレアル・マドリードの関係者と会談していたようだ。

ネイマールは先日チューリッヒで開催されたFIFAバロンドールの表彰式に参加。スペイン『AI Primer Toque』によればネイマールと彼の父親が、レアルの関係者であるアンドレ・カリー氏とネイマールの代理人ワグネル・リベイロ氏を交え会談していたという。スペイン紙『スポルト』はリベイロ氏が会談に参加していたのは、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長と親しい間柄にあるからだと報じている。

また『AI Primer Toque』はネイマール側がレアルに対し、“禁断の移籍”への関心を仄めかしたものの、それはネイマールが彼らを利用し、バルサとより良い条件での新契約締結を画策しているに過ぎないと考えているようだ。

過去にはバルサでキャプテンを務めたこともある元ポルトガル代表のルイス・フィーゴ氏が、レアルへ禁断の移籍を果たし大きな波紋を呼ぶことになった。フィーゴ氏と同じく華麗なドリブルを得意とするネイマールも、同氏のような進路を辿ることになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ