マンチーニ監督への差別的発言でサッリ監督に1、2試合の資格失効処分か

「あのような言動は差別で苦しむ人々を傷つけるもの」

「あのような言動は差別で苦しむ人々を傷つけるもの」

口論に発展したマンチーニとサッリ photo/Getty Images

コッパ・イタリアのインテル戦で相手監督のロベルト・マンチーニに対して侮辱的言動を放ったナポリのマウリシオ・サッリ監督に処分が下される見込みとなった。

57歳のサッリ監督は19日に行われたインテル戦の後半ロスタイムにマンチーニ監督とタッチライン際で口論となった。原因は、ロスタイムの時間が長過ぎることを審判に抗議しようとしたマンチーニ監督に対して「ゲイ」、「男色家」といった差別的発言を放ったことであるとマンチーニ監督が試合後に明かしている。

イタリアサッカー連盟が定める規則では、人種やセクシャリティ、民族的な出自などに関する差別的発言を行なった場合、最低でも4ヶ月の資格失効処分が下されると記されている。しかし、伊『ガゼッタ・デッロ・スポルト』はスポーツ裁判所が同規定を適用する可能性が低く、1、2試合の資格停止処分になる可能性が高いと報じた。判決は現地時間21日に発表される見込みだ。

マンチーニ監督はこの件についてサッリ監督側から謝罪を受けたと明かしたが、「あのような言動は私ではなく、侮辱的発言で毎日のように傷つけられている多くの人々を攻撃するもの」と厳しく非難し、事の重大さを強調している。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ