ジェラードのミドルがあれば……リヴァプールのミドルシュート精度がとんでもなく落ちていた

本数だけでまったく入らない

本数だけでまったく入らない

ミドルの達人ジェラード photo/Getty Images

リヴァプールにスティーブン・ジェラードがいた頃、彼の右足から放たれるとんでもないミドルシュートがゴールネットに突き刺さるのは日常茶飯事だった。しかし、ジェラードが去って以降のリヴァプールはミドルシュートの精度が一気に落ちてしまった。

英『デイリー・メール』によると、今季のプレミアリーグでボックス外からのミドルシュートをもっとも打っているのはリヴァプールだ。その数は104本で、本数だけを見ればリヴァプールは積極的にゴールを狙っている。ただし、精度が非常に悪い。

リヴァプールは104本中枠内に飛んだのが35本だが、101本打っているトッテナムは枠内シュートが49本、100本打っているマンチェスター・シティは47本、87本打っているノリッジ・シティが30本とリヴァプールはかなり精度が悪い。当然ゴールネットに突き刺さった回数にも違いがあり、マンCはミドルシュートから11点、トッテナムは7点、そして最も多く打っているリヴァプールは5本しか決まっていない。積極的に打っているのは良いが、やはりジェラードのように弾丸ミドルを突き刺すのは難しい。

104本のうち30本でもジェラードが蹴っていれば得点数にも違いが出たはずだ。ジェラードの他にもチェルシーのフランク・ランパードなど、数年前まではプレミアリーグにもビッグシューターが揃っていた。そこから考えると今のロングレンジシュートは少々寂しいものになってしまっている。ちなみに同メディアによると、今季もっともミドルシュートを決めているのはマンCのセルヒオ・アグエロで、4ゴールを記録している。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ