マンUがハーフタイムに自分たちに喝! リヴァプールのロッカールームに聞こえるほど叫んでいた

自分たちへの不満が爆発

自分たちへの不満が爆発

ルーニーの得点でリヴァプールに勝利したマンU photo/Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドの選手たちも相当の覚悟でリヴァプール戦に臨んでいたに違いない。

英『デイリー・メール』によると、マンUの選手たちは17日のリヴァプール戦のハーフタイムにロッカールームで大声を上げていたという。前半を0-0で終えたマンUは決して良い内容で戦えているとは言えず、このまま終わればまた退屈なフットボールと批判されるのは目に見えていた。選手たちの焦りと怒りがロッカールームで爆発したのだろう。その声はリヴァプールのロッカールームにも聞こえていたようで、リヴァプールDFママドゥ・サコーもすごい叫び声だったと振り返っている。

これについてマンUのモルガン・シュナイデルランは、次のように述べている。

「確かに僕たちはロッカールームに戻ったとき、叫んだよ。でも、これは普通のことさ。これはダービーマッチだからね。前半の僕たちはセカンドボールを満足に拾えていなかったし、ダービーではバトルに負けられないんだ。僕たちはもっとタックルを仕掛けて、素早くボールを奪う必要があったんだ。それを後半戦では実践し、僕たちはチャンスを掴んだ。この勝利を嬉しく思っているよ。パフォーマンスなんて勝利の前では重要じゃないんだよ」

ウェイン・ルーニーの1点を守り抜く地味なサッカーだったのは事実だが、マンUはタフなリヴァプールに対して気持ちで負けないようにと戦っていた。その決意をハーフタイムに固めたのだ。ハーフタイムで叫び声を上げたくなるほどの気持ちの強さがルーニーの得点を呼び込んだのだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ