エイバル乾、スペイン紙が高評価! 仲間との連携で掴みとった2戦連発のゴラッソ

エイバルサポーターの心を掴む

エイバルサポーターの心を掴む

先制ゴールを決めたエイバル乾 photo/Getty Images

乾貴士が所属するエイバルは18日、リーガ・エスパニョーラ第20節でグラナダと対戦し、5-1のスコアで大勝した。
前節エスパニョール戦に続いて3試合連続で先発出場の機会を掴んだ乾は、この試合でも左サイドハーフで起用される。序盤は相手DFの厳しいマークに苦戦するも、右サイドのMFケコからのクロスを、ファーサイドでタイミング良く合わせて左足でボレーシュートを放ち、35分に先制ゴールを決めた。

ドリブルから切り込んでシュートを放った初ゴールもゴラッソだったが、今回のクロスに飛び込む形のゴールは意思の疎通がとれた仲間との連携で掴みとったゴラッソだった。乾は72分でピッチを退くも、スタジアムの観衆からは拍手が送られた。

スペイン紙『マルカ』は試合後の採点(10が最高点)で、乾に「7.5」の高評価をつけた。FWセルジ・エンリチュとFWボルハ・バストンが2得点ずつ挙げて「8.5」の評価を得たことでチームでの最高点とはならなかったが、乾も高い採点を獲得している。また、スペイン紙『アス』も「2」(3が最高点)と比較的高い採点をつけている。

乾は以前よりも縦に仕掛ける機会が増え、攻撃の選択肢が広がり決定機を量産できるようになりつつある。今後も2得点を挙げた和製ドリブラーの活躍に注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ