[U-23日本代表]鈴木、矢島、久保×2! 日本がタイを下して準々決勝進出を決める

グループリーグ最終戦を待たずに2位以内を確定させる

グループリーグ最終戦を待たずに2位以内を確定させる

48分、矢島(背番号21)がヘディングで追加点を奪った。Photo/Getty Images

AFC U-23選手権2016グループBの第2戦が16日にカタールのドーハで行われ、日本はタイと対戦。鈴木、矢島、久保(2得点)のゴールで4-0で勝利し、2試合を終えて勝点6として準々決勝進出を決めた。

初戦で北朝鮮を1-0で下した手倉森監督が率いる日本は、6人を入れ替えて臨んだ。新たに先発したのは、奈良、亀川、原川、矢島、浅野、豊川の6人。浅野&鈴木を2トップとする4-4-2でキックオフを迎えた。立ち上がりはタイに攻撃を許したが、徐々にリズムをつかむと6分、8分、9分に決定的なチャンスを作った。最初の矢島のシュートはGKにセーブされ、続く浅野のシュートもゴールポストに当たり、3本目の豊川のシュートもゴールバーを直撃してゴールにならなかったが、良い流れをつかんでいた。

すると、27分に先制点を奪う。中盤から遠藤がダイレクトでタテパスを出すと、走り込んだ鈴木が相手DFに競り勝ち、ワントラップから右足シュートを放つ。背後にDFがいる難しいカタチでのフィニッシュだったが、見事にゴールネットを揺らした。その後は守備に意識を傾け、カウンターから追加点を狙う展開に。しかし、タイの攻守の切り換えも早く、追加点は奪えず。鈴木が奪った1点を守り、ハーフタイムを迎えた。

後半を迎えて手倉森監督は鈴木→オナイウの交代を行う。すると、48分にオナイウが右サイドでボールを持ち、ゴール前に折り返す。このボールが逆サイドまで流れたところを原川が拾い、ふたたびゴール前に折り返す。ここに走り込んだ矢島が頭で合わせて追加点を奪った。

その後は同点を目指すタイの反撃を受け、一進一退の展開に。54分にはPKを与えるピンチがあったが、相手キッカーが足を滑らせるミスに助けられた。逆に74分、カウンターから相手最終ラインの裏に抜け出した久保がGKとの1対1を落ち着いて決め、リードを3点に広げた。さらに、84分にも久保がPKを決めて追加点を奪い、4-0とした。

試合はそのまま終了し、日本はグループリーグ最終戦(対サウジ戦)を待たずにグループBで2位以内になることを確定させた。準々決勝ではグループAを勝ち上がるチームとの対戦になり、カタールかイランとベスト4進出をかけて戦う可能性が高い。

[U-23日本代表メンバー]

GK:櫛引
DF:室屋、岩波、奈良、亀川
MF:遠藤、原川、矢島(→南野 78)、豊川
FW:鈴木(→オナイウ 46)、浅野(→久保 71)

[スコア]

日本 4-0 タイ

[得点者]

日本:鈴木(27)、矢島(48)、久保(74)(84)
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ