移籍マーケットの主役が姿を消す? FIFA、レアル&アトレティコの補強禁止処分を発表

風物詩だった大型補強のニュースが……

風物詩だった大型補強のニュースが……

レアル・マドリードの会長フロレンティーノ・ペレス photo/Getty Images

移籍マーケットでは大型補強を敢行し話題を提供してきたレアル・マドリードだが、2016年夏と2017年冬の2度にわたって補強活動が禁止になる。

FIFA(国際サッカー連盟)は14日、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードに対して移籍市場での補強禁止処分を行うことを発表した。

スペイン紙『マルカ』によると、FIFAによる調査ではアトレティコ・マドリードが2007年から2014年まで、レアル・マドリードは2005年から2014年までに登録した選手を対象に18歳以下のプレイヤーにおける国際移籍に関して違反があったという。そしてアトレティコ・マドリードには82万ユーロ、レアルマドリードには33万ユーロの罰金が課せられる。

また同紙は影響を受けた選手の状況を整理する時間として90日の期間が与えられると伝えた。バルセロナも同様の処分を受け、アルダ・トゥランとアレイクス・ビダルが昨年夏に加入したものの、選手登録は今年の冬になっていた。

2015年夏の移籍市場では、アトレティコ・マドリードはジャクソン・マルティネス、ステファン・サビッチ、ルシアーノ・ビエット、ヤニック・カラスコなどの積極補強を行い、リーガではバレンシアに次ぐ推定1億3950万ユーロを投資していた。そんなレアルとアトレティコが移籍市場で2度に渡って姿を現さないことになる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ