“日本の宝”宇佐美のハノーファー移籍はナシ? GM「日本人は3人居れば十分だ」

酒井宏樹とは新契約へ

酒井宏樹とは新契約へ

ガンバ大阪所属の宇佐美 Photo/Getty Images

日本代表にも名を連ねる酒井宏樹や清武弘嗣、そして山口蛍が所属するハノーファーだが、そこに4人目の新たな日本人を加えるつもりはないようだ。

先日には名将トーマス・シャーフの就任も発表され、シーズン後半戦に向け戦う準備が整っているハノーファー。昨年には日本代表FW宇佐美貴史の獲得も噂されたが、同クラブのマルティン・バーダーGMは独『ビルト』に対し「日本人は3人も居れば十分だろう」とコメント。どうやら日本の天才ドリブラーのハノーファー移籍は望み薄のようだ。また同メディアによれば、ハノーファーは2012年より同クラブでプレイする酒井宏樹に対しては新たな契約延長オファーを提示するつもりだという。

さらにバーダーGMは酒井宏樹以外にも、同クラブキャプテンのクリスティアン・シュルツやフェリペ、レオン・アンドレアセンらとも「契約延長について話し合っている最中だ」と明かした。

3人もの日本人選手を抱えるハノーファーだけに、彼らの活躍は同クラブの上位進出に欠かせない要素となりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ