[移籍]ドウグラス退団の広島がFWウタカを獲得、昨年は清水で孤軍奮闘

降格クラブから優勝クラブへ

降格クラブから優勝クラブへ

清水でのウタカ photo/Getty Images

サンフレッチェ広島は12日、清水エスパルスからFWピーター・ウタカが期限付き移籍でクラブに加入することを発表した。

ナイジェリア出身のウタカは、2003年にベルギーのマースメヘレンでキャリアをスタートさせる。その後デンマークや中国でプレイし、2015年に清水加入。同クラブでは9得点を記録する活躍を見せたが、クラブはJ2降格となってしまった。

期限付きで清水を離れることになったウタカは、クラブ公式サイトを通してサポーターにメッセージを送っている。
「最高のファン、サポーター、チームメイト、スタッフと共に戦えたことを誇りに思い、感謝しています。苦しいときにチームを離れることは、とても申し訳なく思います。でも、みんなの力を結集して戦えば、必ずJ1へ復帰出来ると信じています。エスパルスのことをずっと愛しています」

また加入が決まった広島の公式サイトを通しては「広島ファミリーの一員となれたことを光栄に思います。広島のファン、サポーター、チームメイトと会えるのが楽しみです。自分の持っているもの全てを注ぎ、チームに貢献できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。

広島は同日、2015年シーズン21得点を記録したFWドウグラスの退団を発表しており、ウタカにはドウグラスに代わる活躍が期待される。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ