ロナウドがFIFA表彰式でダニエウ・アウベスだけを無視!?

クラシコ後のコメントが原因?

クラシコ後のコメントが原因?

レアルでプレイするロナウド Photo/Getty Images

FIFAバロンドール表彰式が11日にスイスのチューリッヒで開催され、バルセロナのリオネル・メッシが自身5度目となる受賞を果たし幕を閉じた。表彰式自体は終始笑顔に包まれていたように見えるが、選手らが滞在していたホテルではいざこざが起きていたようだ。

スペイン紙『マルカ』によればレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのダニエウ・アウベスが滞在先のホテルで口論に発展。さらに2015年に最も素晴らしい活躍を披露した11人が選出されるFIFProワールドイレブンの記念撮影を行う際にも、ロナウドはメッシとネイマール、そしてアンドレス・イニエスタとはそれぞれ会話を交わし挨拶したが、ダニエウ・アウベスとだけは会話を一切しなかったと報じている。

同メディアは、2人の不仲は昨年11月のクラシコ後にアウベスが「ロナウドはあまりにも主役になろうとしすぎる」と発言したことが原因だとした。およそ2ヶ月も前の発言だが、ロナウド本人にとってはいまだに消化し切れていないのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ