契約延長を振り返るミュラー 「バイエルンは僕にとってただの勤め先ではない」

巨額オファーにも動じず

巨額オファーにも動じず

先月2021年まで契約を延長したミュラー photo/Getty Images

先月2021年までの契約延長にサインしたMFトーマス・ミュラーは、改めてバイエルンへの忠誠を誓った。独『ビルト』がコメントを伝えている。

「契約延長は、バイエルンが去ることのできない場所であることを示すものだ。たとえイングランドから巨額のオファーを提示されたとしてもさ。僕たちはバイエルンが巨額オファーに屈しないということを示したね」

昨夏、ミュラーにはマンチェスター・ユナイテッドからの関心がしきりに報じられていた。その中には、1億ユーロの移籍金額が提示されたとする報道もあったが、ミュラーはバイエルン残留以外の選択肢がなかったと主張する。

「サインしたことは、僕とクラブがお互いに良い関係を築いていること、そして共通の目標を目指しているという声明だよ」

「イングランドのクラブが巨額を提示したとき、中には問題を抱えるクラブもある。だけど、バイエルン・ミュンヘンというクラブは僕にとって単なる勤め先ではないんだ。街、環境などすべての面で、他の多くのクラブに提供できないものを持っている」

最後にミュラーは、2021年の契約満了後に再びイングランドからオファーが届いたらどうするか聞かれると、笑みを浮かべた。

「契約が終わったあとのことなど分からないよ。この質問を終わらせるために、2021年になったらまた声明を発表すると思うよ」

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ