脅迫騒動に揺れるヴァルブエナ「ベンゼマとユーロをプレイするのは……」

今年にユーロを控えるフランス

今年にユーロを控えるフランス

リヨンに所属するヴァルブエナ Photo/Getty Images

リヨンに所属するフランス代表MFマテュー・ヴァルブエナは、今年開催されるユーロ2016でレアル・マドリードのFWカリム・ベンゼマと共にプレイすることになんの問題もないと感じているようだ。

昨年ベンゼマはヴァルブエナを過去に脅迫していたとしてフランス警察に拘束され、調査されていた。しかしヴァルブエナは自身を脅迫したとされるベンゼマと、仮にユーロ本大会で揃って出場することになっても問題はないと話している。スポーツメディア『TF1』がこれを伝えた。

「ベンゼマとのプレイ? もちろん一緒にプレイできるよ。どんなことでも可能だ。なんの問題もない」

ヴァルブエナ自身も直近の代表試合では未招集となっているが、同選手はディディエ・デシャン代表監督からもう一度招集されることを望んでいる。

「僕はデシャンと話したよ。そして彼の決定を尊重している。もちろん最初はショックだったし、受け入れるのが難しかった。でも徐々に冷静になって、理解できているよ。僕のリヨンでのパフォーマンスは決して悪くないはずだ。もちろん数字上で結果を出せてはいないけどね」

一方のベンゼマはレアルで素晴らしいプレイを見せ、好調を維持している。フランス国民が容認するかどうかは不透明だが、是非ともベンゼマとヴァルブエナの“主力級コンビ”の復活に期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ