0トップ再び? ガルシア解任後の後任最有力候補にスパレッティが挙がる

実現すれば7年ぶりの復帰に

実現すれば7年ぶりの復帰に

ゼニトでのスパレッティ監督(2014年3月) photo/Getty Images

キエーボ、ミランと連続で引き分けたローマは、とうとうリュディ・ガルシア監督の解任に踏み切ろうとしている。
イタリア複数メディアは10日、直近の試合結果を受けてローマ上層部がガルシア監督の解任を真剣に考えていると伝えた。13-14シーズンから指揮をとるフランス人指揮官は2シーズン連続で2位フィニッシュを果たすなど結果を残したが、今季は首位ナポリから勝点7差の5位につけており、その内容にも批判が寄せられている。

『forzaroma.info』によればクラブはすでに複数の後任監督をリストアップしており、その第一候補がイタリア人のルチアーノ・スパレッティであると伝えた。

56歳のスパレッティ監督は2005年から2009年までローマを指揮した経歴があり、実現すれば7年ぶりの復帰となる。同監督は司令塔のフランチェスコ・トッティをCFにコンバートしたことで知られ、生粋のCFを起用しない「0トップ」システムでセリエAに旋風を巻き起こした。ローマはこの間、2007年と2008年にコッパ・イタリア連覇を達成するなど安定して高い競争力を維持していた。2010年からはロシアの名門ゼニトを率いていたが、成績不振によって2014年に解任され、現在はフリーとなっている。

当時と今とではメンバーも変わったが、再びスパレッティ監督がローマを率いるとすれば大きな話題だ。後任候補にはこのほか、現在チリ代表監督を務めるホルヘ・サンパオリ監督の名も挙がっている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ