「他の選手のスパイクに小便を……」元同僚が明かすバロテッリの“大変よろしくない”エピソードとは!?

悪童ぶりは昔から?

悪童ぶりは昔から?

ミランに所属するバロテッリ Photo/Getty Images

2008年にクルゼイロからインテルへ移籍したブラジル人ケルロンは、当時同僚だったイタリア代表FWマリオ・バロテッリのとんでもないエピソードを明かしている。

かつては日本でもプレイした経験がある同選手はスポーツメディア『ESPN』のインタビューに応え、当時18歳だったバロテッリの“悪行”を振り返っている。

「バロテッリはとても良い奴だったよ。でも、ときに変わったこともやっていたね。チームの誰よりも早く練習場にやって来て、ロッカールームへ行くとチームメイトたちのスパイクの中に小便をする癖があった。そのことでよくマテラッツィを激怒させていたけど、別に本気で腹を立てていたわけじゃない。マテラッツィは彼を弟のように可愛がっていたからね。そんなおかしなことをする18歳は人生で見たことがなかった。ジュリオ・セーザルやマイコンといったベテラン選手に対しても臆せずに話しかけていたけど、みんなが彼を大好きだった」

バロテッリはその後、マンチェスター・シティやミラン、リヴァプールなどを渡り歩き、現在は再びミランでプレイしている。同選手が“とてもユニークな”選手であることは世界中が知っていることだろうが、もはや我々の想像を絶するレベルにあるのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ