レスターのパフォーマンスに満足するラニエリ 「ポジティブな結果」

次はリーグで顔合わせに

次はリーグで顔合わせに

レスターを率いるラニエリ監督 photo/Getty Images

10日に行われたFA杯3回戦のトッテナム戦を2-2で終えたレスターのクラウディオ・ラニエリ監督はチームのパフォーマンスを称賛した。英『four four two』が伝えている。

「我々は勝利に値していたと思う。チームのパフォーマンスには満足している。(11人のうち)8人はこれまでしばしば試合に出られなかった選手たちだが、ポジティブな結果にふさわしいプレイをしていた。2-2はポジティブな結果だよ」

レスターはこの試合でリヤド・マフレズ、ダニー・ドリンクウォーター、ウェス・モーガンをはじめとした主力を温存。8分にトッテナムに先制されたものの、18分にヴァシリェフスキのゴールで追いつくと、後半開始早々に岡崎慎司のゴールで逆転する。87分にPKで同点にされてしまったが、ラニエリ監督は判定に異を唱えることなく結果を受け入れた。

「PKのシーンは、私の前に2人の選手がいたから見えなかった。だが重要なことは主審がPKを指示したことだ。だからあれはPKだったよ」

レスター対トッテナムの一戦は18日に持ち越されることになった。監督はレスターのプライオリティがリーグにあるとしつつも、FA杯での躍進を望んだ。

「優先するのがプレミアリーグであることに変わりはないが、FA杯でも勝ち進みたいと思っている。まだチャンスがあることが嬉しいよ」

トッテナムとレスターは13日にもリーグで対戦する。両チームともフルメンバーで望むと思われるこの試合で、10日の結果がどう反映するか注目だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ