まるでスアレス! 岡崎が2人抜きから今季4点目 レスター対トッテナムは土壇場の同点弾で再試合に

新加入グレイが存在感を発揮

新加入グレイが存在感を発揮

ゴールを決め、歓喜する岡崎 photo/Getty Images

FA杯3回戦が10日に各地で行われ、トッテナムとレスターが対戦した。

プレミアリーグで2位につけるレスターと4位トッテナムによる注目の一戦。ホームのトッテナムはFWケイン、MFデル・アリ、GKロリスといった主力をベンチからスタートさせ、レスターは今冬の移籍市場で獲得したFWグレイを先発に送り込んだ。FW岡崎慎司はベンチスタートとなっている。

トッテナムは素早いパス回しからチャンスを作り出し、早々に先制点を挙げた。8分、シャドリが放った強烈なシュートをGKシュマイケルが弾くと、このこぼれ球がエリクセンに渡る。デンマーク代表MFは冷静にゴール左隅に流し込み、リードをもたらした。

先制を許したレスターだったが、リカバリーが早かった。18分、グレイのCKにヴァシリェフスキが頭で合わせ、ネットを揺らした。

このまま前半を1-1で終えると、レスターのラニエリ監督は後半から守備的MFのカンテを下げて岡崎を投入。すると、この攻めの采配が結果に結びついた。48分、キングのパスを受けた岡崎はペナルティエリアに侵入すると、詰め寄ってくるDF2枚を重心移動を使った巧みなフェイントでかわし、素早くフィニッシュ。このボールはGKフォルムの正面となったが、こぼれ球を自ら押し込んで逆転ゴールを挙げた。リーグ、カップ戦を合わせて岡崎にとって今季4点目となる。バルセロナのルイス・スアレスを思わせる技術と狡猾さが光る見事なシュートだった。

逆転で勢いづくレスターは1点目をアシストしたグレイが魅せる。バーミンガムから加入した期待の19歳はインレルのサイドチェンジを左サイドで受けると、カットインからミドルシュートを選択。パンチの効いた落ちるボールがトッテナムのゴールに迫ったが、これはあとわずかで枠を外し、惜しくもゴールとはならず。

刻々と時間は進み、レスターの勝利が見えてきたかと思われたが、土壇場でトッテナムが同点弾を挙げた。87分、ドリブルでボックス内に侵入しようとしたローズをレスターMFダイアーが止めようとすると、浮いたボールが腕に当たってしまい、ハンドをとられる。主審はPKを指示し、これをエースのケインが冷静に決めた。

試合はこのまま終了。プレミアリーグの上位チームによる対戦は2-2で終わり、18日の再試合に持ち越されることになった。

[メンバー]

トッテナム:フォルム、ローズ、アルデルヴァイデルト、ディエル(→ベンタレブ 68)、トリピア、ヴィマー、シャドリ(→デル・アリ 73)、エリクセン、キャロル(→ケイン 67)、ソン・フンミン、オノマー
レスター:シュマイケル、デ・ラート、ヴァシリェフスキ、ベナルアン、チルウェル、キング、カンテ(→岡崎 46)、ダイアー、インレル、グレイ(→オルブライトン 65)、ウジョア

[スコア]

トッテナム 2-2 レスター

[得点者]

トッテナム:エリクセン(9)、ケイン(88)
レスター:ヴァシリェフスキ(19)、岡崎(48)

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ