チェルチがボローニャ戦後にカジノへ さらなる批判は避けられないか

深夜まで遊んでいたチェルチ

深夜まで遊んでいたチェルチ

ミランでプレイするチェルチ photo/Getty Images

6日のボローニャ戦で本田圭佑に代わって出場したミランFWアレッシオ・チェルチは、決定機を逃したパフォーマンスが批判を浴びることとなった。しかし、チェルチはさらに批判を浴びることをやってしまった。

伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、チェルチはボローニャ戦後にカジノへ繰り出し、深夜まで遊んでいたという。ミランから放出される可能性が高いために気持ちが切れているのかもしれないが、サポーターとしては少しでもパフォーマンスを向上するために努力をしてもらいたい。少なくとも格下に情けない敗戦を喫した後にカジノで遊ぶのはまずいだろう。チェルチは批判を避けるためかフェイスブックを閉鎖したが、今回の一件はさらなる批判材料となる。

そのチェルチは9日のローマ戦の招集メンバーから外れたが、指揮官のシニシャ・ミハイロビッチは戦術的理由だと強調している。ここまでチェルチは右サイドのポジションを巡って本田圭佑と争ってきており、どちらも大した結果を残せていない。実力的にも大差はないが、今回の一件はチェルチと本田の序列争いにも影響してくるだろう。サッカーと真摯に向き合っている点では本田の方が信頼できる選手と言えそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ