ジダンもファン・ハールと同じミス!? 会見でコバチッチの名前を痛恨の呼び間違え……

かつての同僚と錯綜?

かつての同僚と錯綜?

レアルを指揮するジダン Photo/Getty Images

ラファエル・ベニテスに代わって、鳴り物入りでレアル・マドリードの新監督に就任したジネディーヌ・ジダンだが、早くもちょっとしたケアレスミスを犯していた。チームの司令塔であるマテオ・コバチッチの名前を、コバチェビッチと間違えて発音。スペインメディアがそれを見逃さなかった。

自身の就任会見でルカ・モドリッチとマテオ・コバチッチに関する質問を受けたジダン監督は、コバチッチのことをハッキリと“コバチェビッチ”と発音してしまっている。スペイン『アス』がウェブ上に、同監督が“コバチェビッチ”と発音した問題のシーンの動画を公開。確かにハッキリとコバチェビッチと発音しているのが分かる。1999年から2001年にかけてユヴェントスで共にプレイしたジダンにとっては、かつての同僚と部下の名前がごちゃ混ぜになってしまっているのかもしれない。

しかしご存知の通り、最近このようなミスを犯した監督はプレミアリーグにもいたはずだ。マンチェスター・ユナイテッドを指揮するファン・ハール監督は、クリス・スモーリングのことを“マイク・スモーリング”と呼称し、波紋を呼んでいた。

コバチェビッチはかつてジダンがレアルでプレイしていた頃に、レアル・ソシエダードで元トルコ代表ニハト・カフヴェジと最強の2トップを形成。当時のリーガ・エスパニョーラを大いに盛り上げていた。ジダン監督にとっては痛恨の言い間違いとなったが、ミスをされた側のコバチッチはおそらく落ち込んでいるにちがいない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ