香川真司を超えるのはミュラーだけ! 独『キッカー』がブンデスの攻撃的MFランキング発表「2012年を思い出させる活躍ぶり」

清武、武藤もランクイン

清武、武藤もランクイン

ドルトムントでプレイする香川真司 Photo/Getty Images

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、またしても素晴らしい評価を受けることとなった。もはやブンデスリーガにおいて、同選手の上を行く攻撃的MFはバイエルン・ミュンヘンのトーマス・ミュラーだけのようだ。

独『キッカー』がブンデスリーガ前半戦の部門別ランキングを発表し、香川真司を筆頭に複数の日本人選手がランクインを果たした。まずは「攻撃的MF」の部門で2位にランクインした香川真司と、おなじく7位に入った清武弘嗣だ。同メディアは香川については次のように説明している。

「トーマス・トゥヘルが新監督になり、彼は才能を再び開花させた。2012年のドルトムントによる国内リーグ制覇と、カップ戦優勝の立役者となった頃を思い出させるほどである」

また同カテゴリーの首位には、今季キャリア最高の活躍を披露しているバイエルンのミュラーが選出されており、改めてその実力を知らしめた。

そして「フォワード」の部門ではこちらも日本代表のマインツ武藤嘉紀が7位にランクイン。9位に選出されたヘルタ・ベルリンのヴェダド・イビシェビッチや、10位のヴォルフスブルクのバス・ドストといった選手らを凌駕した。合計3名の日本人選手が選出され、ドイツでの日本人バブル期の到来を予感させる結果となっている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ