プレミアリーグはフランス、ブラジルより格下? 国際機関『IFFHS』が各国リーグを格付け!

リーガが首位に

リーガが首位に

世界的な人気を誇るプレミアリーグ Photo/Getty Images

世界中で爆発的な人気を集めるイングランド・プレミアリーグだが、どうやら“世界最高のリーグ”ではないのかもしれない。

7日に、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が2015年度の世界リーグランキングを発表。首位には6年連続でスペインのリーガ・エスパニョーラを選出した。同ランキングは各国リーグ戦や国内カップ戦、そしてチャンピオンズ・リーグやヨーロッパ・リーグ、コパ・リベルタドーレスなどといった過去の主要大会における戦績に基づいてIFFHSが独自に算出したものである。

プレミアリーグは近年、チェルシーやマンチェスター・シティの台頭もあり、人気が急上昇しているが、同ランキングでは7位にランクイン。昨年の3位から大幅にランクダウンする結果となった。やはり昨季のチャンピオンズリーグのベスト16で、イングランド勢がすべて敗退してしまったことも影響しているのかもしれない。セルヒオ・アグエロやメスト・エジル、エデン・アザールなどといったスーパースターたちが本領発揮することで、来年のランクアップに期待したいところだろう。

今回、同メディアが発表したランキングは次のような結果となった。

1:スペイン

2:イタリア

3:ドイツ

4:アルゼンチン

5:フランス

6:ブラジル

7:イングランド

8:ポルトガル

9:ベルギー

10:ロシア

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ