「私はジダンだ、準備はできている」「ペップと私を比べるな」“バロンドール指揮官”が気合いのコメント!

新たなストーリーの幕開けへ

新たなストーリーの幕開けへ

レアルを率いるジダン新監督 Photo/Getty Images

新たなレアル・マドリードの指揮官に任命された元フランス代表のジネディーヌ・ジダンは、自らをペップ・グアルディオラ監督と比較されることを嫌がっているようだ。

選手としてもレアルに多大な貢献をもたらしたジダン監督は、今後は指揮官として大きなミッションを背負っていくことになる。同クラブの監督として初めて臨んだ記者会見において、同氏は次のように意気込みを語った。英『FourFourTwo』がこれを伝えている。

「比較されるのはあまり良い気はしない。ペップはペップ、私は私のベストを尽くすだけだ。彼はとてもファンタスティックな監督で、素晴らしい戦績を残している。でも私自身は彼と比べられたくない。プレイヤー時代にもそうであったように、監督となった今でも、他人と比較することはしないよ」

「私はベストを尽くすつもりだし、とても良いフィーリングだ。もちろんこのレベルのクラブを率いるだけの経験は積んでいないが、心の準備はできている。大きなモチベーションもあるし、すべてのことが私を助けてくれると思っている。私はモウリーニョやアンチェロッティから多くを学んできた。彼らは共に経験豊富な指揮官であり、彼らから学べたことはとても重要なことだ。それでも私は私のやり方でチームを率いる。どんな監督でも、チームにとって最善だと思う方法を採用するものだ。他の監督がやっていないようなことをする。私は“ジダン”だし、そうである必要があるんだ」

まだまだジダン指揮官の冒険は始まってもいない段階だが、多くのサポーターがその一挙手一投足に大きな期待を込めているにちがいない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ