これでもまだ不満!?  イスコは昨年レアルでクロースの次に多くの試合に出場したMFだった!

本人は不満を募らせる?

本人は不満を募らせる?

レアルでプレイするイスコ Photo/Getty Images

レアル・マドリードに所属するスペイン代表MFイスコに対してはマンチェスター・シティやミランなど、多くのクラブが関心を持っていると報じられている。

“悩めるベンチ要員”として取り上げられることの多い同選手だが、実は2015年にかなりの試合に出場しているMFだったことが判明した。レアル・マドリードの公式ウェブサイトによればイスコは2015年に48試合に出場。これはクリスティアーノ・ロナウドの52試合、そしてトニ・クロースの49試合に次ぐもので、MFとしてはチームで2番目に多くの試合に出ていたことになる。

スペイン紙『スポルト』は先日、イスコがベンチスタートの続くレアルでの選手生活に嫌気がさし、移籍を志願していると報じた。だが実際にはハメス・ロドリゲスやルカ・モドリッチといった選手よりも多くの試合に出場。レアルは同選手を貴重な戦力として必要としていることが分かる。もちろんイスコがモドリッチやハメスらに比べ、怪我による離脱が少ないことも影響している。しかし狭いスペースにおいても発揮される卓越したテクニックや、パスのクオリティなどはレアルの中でも異彩を放っている。バルセロナを追わなければならない立場のレアルにとって、イスコはリーガ後半戦における欠かせない戦力となるにちがいない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ