本山の背番号は小笠原の40よりも大きい! 北九州が来季の背番号を発表

43番を背負いプレイ

43番を背負いプレイ

来季は北九州でプレイするMF本山雅志 Photo/Getty Images

ギラヴァンツ北九州は2日、2016シーズンの選手背番号を発表した。

鹿島アントラーズから加入したMF本山雅志は43番に決定。同選手は昨年末の30日、自身が発起人となって開催しているサッカー大会で既に43番のユニフォーム姿を披露しており、2016シーズンも43番を背負って戦うことになった。

さらに本山はサッカー大会終了後にクラブ公式ツイッターを通して、「今日ユニフォームを着せて頂きました。鹿島退団してから気持ちは切り替わっているので、しっかり頑張りたいと思うので応援よろしくお願いします」とコメント。新天地での意気込みを語っている。

かつて鹿島で本山とチームメイトとしてプレイし、今季から北九州に加入するDF石神直哉は背番号2番に決定。さらに来季からクラブに加わるMF花井聖は20番、DF刀根亮輔は41番、レンタル移籍から帰ってくるFW池元友樹は14番に決まっている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ