マンC、レアルで不遇のペジェグリーニ教え子獲得へ3200万ポンド用意か

オバメヤンへの関心も

オバメヤンへの関心も

レアルでプレイするイスコ photo/Getty Images

マンチェスター・シティは今冬の移籍市場でも大物獲得へ動いているようだ。

英『サン』は31日、シティがレアル・マドリードに所属するMFイスコ獲得に3200万ポンド(約57億円)を用意していると報じた。年内を3位で終えることになったシティと首位アーセナルの勝点差は3ポイント。冬に実力者をスカッドに加え、更なる戦力アップを狙う。

イスコはこれまでもシティからの関心がしきりに報じられてきた。23歳のスペイン代表MFはマヌエル・ペジェグリーニ監督のマラガ時代(2010-2013)の教え子であり、同クラブでの成長を経てレアル移籍を果たしている。『サン』紙はイスコがレアルでの立ち位置に満足していないことが移籍につながるのではと見ている。イスコは今季リーガで13試合に出場したが先発は9試合に止まり、完全なレギュラーとはいえない状態だ。

同紙によればシティのフェラン・ソリアーノCEO(最高経営責任者)とレアルのホセ・アンヘル・サンチェスCEOはすでに交渉をスタートさせているとのこと。シティはイスコの他、ドルトムントFWピエ―ル・エメリク・オバメヤンへの関心も伝えられている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ